Summary

・第7節の全9試合で10本のPK判定があった

・過去最多は1971/72シーズンの第12節に記録した12本

・10本のPKのうち、5本が失敗に終わる

ブンデスリーガ第7節ではPKの多さが目を引いた。各試合合わせて10本ものPKが与えられたが、これほどの乱発は30年ぶり。しかしそれが得点につながったかというと、必ずしもそうではなかった。

過去最多のPKは1971/72シーズンの第12節に記録した12本。その時には2本及ばなかったが、今回は計10本のPKのうち、ピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント)、アンドレ・ハーン、ラース・シュティンドル(ともにボルシアMG)、アントニオミルコ・コーラク(ダルムシュタット)、エミル・フォースベルク(ライプツィヒ)の5選手が外すという珍記録が生まれた。

なんとも奇妙なPKラッシュ。それを象徴していたのがグラートバッハで行われた試合だ。ボルシアMGはハンブルガーSVとの一戦で2本のPKを獲得したが、ハーンが蹴った1本目はGKレネ・アドラーに阻まれ、キャプテンのシュティンドルが蹴った2本目はクロスバーを直撃。結局はスコアレスドローという結末を迎えた。

一方で、ユヌス・マリ(マインツ)とルーカス・ヒンターゼーア(インゴルシュタット)はPKキッカーとしての役目を確実に遂行。両選手ともブンデスリーガでのPK成功率は100%を誇る。

現在7ゴールで得点ランキングのトップに立つアントニー・モデステ(ケルン)も、確かな信頼を置けるPKキッカーだ。インゴルシュタットを2-1で下した試合で、通算4本目となるPKを確実に沈めてチームに先制点をもたらしている。また、アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)は10月15日のフライブルク戦で81分に決勝点となるPKを決め、早くも今季3本目のPK成功。これまでPK失敗は一度だけと、PKに自信を持つ2人がそれぞれチームに勝利を呼び込んだ。

ジェローム・ゴンドーフ(ダルムシュタット)はブンデスリーガで初めてPKキッカーを担当。マインツ戦の後半アディショナルタイムに獲得したPKを落ち着いた。しかし2点追っていた状況では時すでに遅し。チームの勝利には結びつかなかった。