Summary

  • 新企画「Jリーガーが語るブンデスリーガ」第1弾
  • アルビレックス新潟所属の矢野貴章がブンデスリーガを語る
  • 矢野は2010年から約1年半ブンデスリーガのフライブルクでプレー

日本人選手たちの活躍によって年々注目度が増しているドイツ・ブンデスリーガ。この欧州最高峰のリーグは、Jリーガーの目にはどのように映っているのだろうか。2010年夏から約1年半にわたってブンデスリーガでプレーし、現在はアルビレックス新潟で活躍する矢野貴章選手に、ドイツ時代の経験談、リーグの特徴や見どころについて語ってもらった。

「センターバックは大抵190センチ台。それが衝撃でした」

——矢野選手は2010年8月にSCフライブルクに移籍し、約1年半ブンデスリーガでプレーしました。移籍のきっかけと経緯を教えてください。

矢野 元々、海外でプレーしたいという希望は持っていて、代理人にもそう伝えていました。「行けるチャンスがあれば」という感じでしたね。フライブルクからオファーをもらったのが8月末のギリギリのタイミングだったので、次の日にはチームメートにお別れの挨拶をして、荷物をまとめて東京に行って。翌日の朝には飛行機に乗ってドイツに飛んでいました。

——プロ入り当初から海外志向はあったのでしょうか?

矢野 U−17日本代表に選ばれて海外のチームと試合をする機会があったので、そういう中で「行ってみたい、海外でプレーしたい」という思いはずっと持っていましたね。

——当時、海外の選手のプレーについてどのように感じていましたか?

矢野 速い選手は想像を超えるほど速いし、強い選手はとにかく強い。当時はまだ高校生でしたが、高校のチームと対戦していては知り得ないレベルを実感しましたね。

——フライブルクでプレーして、身を持って体感したブンデスリーガの特徴を教えてください。

矢野 とにかく“速さ”を求められました。プレースピードやプレッシングがスピーディーでしたし、自分が想像していた以上にハードワークを求められる、という印象でした。

——当時はFWでしたが、具体的にはどんな役割を求められたのでしょうか?

矢野 起点を作る動きや裏に抜ける動きなど、求められるものは日本とそう変わらなかったんですが、精度はより高いものを求められましたね。

——実際に対戦してみて衝撃を受けた対戦相手や選手はいますか?

矢野 試合前にミーティングがあって、そこで相手選手のデータを見るんですけど、センターバックは大抵190センチ台なんですよね。それが衝撃でした(笑)。180センチ台の選手がいたら「あっ、今日の相手は小さいな」と思ってしまうぐらい、みんな大きくてパワフルでした。

——私生活で苦労したことはありますか?

矢野 みんなそうだと思うんですけど、結構孤独なんですよね。僕自身は周囲の人たちがサポートしてくれたので、そこまで苦しむことはなかったですけど。

——ドイツ暮らしで得たものは何ですか?

矢野 向こうで生活したことすべてが僕にとってはプラスになりました。いろいろなことを変えてくれたと思っています。

――当時の経験は今、どんな形で生かされていますか?

矢野 ブンデスリーガでプレーしたことで経験値が上がったと思いますし、試合中も落ち着いてプレーできるようになりましたね。

「ブンデスリーガの激しさがJリーグでもスタンダードになれば」

——現在ブンデスリーガには、香川真司選手、長谷部誠選手、原口元気選手、大迫勇也選手、酒井高徳選手など、多くの日本人プレーヤーが所属しています。彼らの印象はいかがですか?

矢野 本当に多くの選手が試合に出ていますよね。高徳はハンブルガーSVでキャプテンをやっていますし、本当にすごい。尊敬しています。

——原口選手(ヘルタ・ベルリン)や大迫選手(ケルン)はドイツ移籍後に大きく成長し、今や日本代表でも主力を担っています。彼らの成長ぶりをどのように見ていますか?

矢野 ただただ「すごい」と感心するばかりです。一方で、「自分は何をしていたんだろう?」という悔しい気持ちもありますね。

——他のリーグと比べて、多くの日本人選手が活躍している理由はどこにあると思いますか?

矢野 やはり真司やウッチー(内田篤人)、長谷部さんたちが日本人の価値を高めて、入り口の部分を広げてくれたのが大きいですよね。Jリーグでプレーしている選手の中にも、ドイツに行けば通用する選手は大勢いると思いますが、以前は行くまでが大変でした。でも、今は向こうで活躍している選手たちが行きやすい環境を作ってくれていると思います。

——今季のブンデスリーガで注目しているチームや選手はいますか?

矢野 それほど頻繁に見ているわけではないですが、自分が在籍していたフライブルクの結果はやはり気になりますし、日本人選手が所属しているチームの試合はハイライトなどで見ています。

——日本サッカーやJリーグがブンデスリーガから学ぶべきはどんなことだと思いますか?

矢野 まず歴史が違うので積み上げていくしかないと思います。ブンデスリーガでは非常に激しいサッカーをやっていますが、それが世界のスタンダードだと思いますし、それを見習ってやっていくことがJリーグや日本サッカーの底上げになると思います。

——日本代表の試合を見ていても、原口選手や酒井選手は球際の激しさが目立ちます。

矢野 おそらく、本人たちは激しいと思ってプレーしていないと思うんですよね。彼らの中では習慣化されていて、奪われたら奪い返す、戻るというのが当たり前になっている。ブンデスリーガのピッチに立っている選手はみんなやっていますから。それがJリーグでもスタンダードになれば、相乗効果として攻撃側の選手の判断力も上がりますし、よりスピーディーなせめぎ合いが見られるようになると思います。

——日本のサッカーファンにブンデスリーガのどんなところを注目して見てほしいですか?

矢野 日本人選手が大勢プレーしているので、彼らに注目することが第一ですね。それをきっかけに試合を見るようになれば、他国のいい選手にも目が向いて、より楽しめると思います。

インタビュー=池田敏明
写真=山口剛生