Summary

  • ELグループステージ第4節、ブンデスリーガ勢の結果
  • 4連勝のシャルケは決勝トーナメント進出決定
  • マインツは1勝2分け1敗でグループCの3位に後退

11月3日、欧州リーグ(EL)のグループステージ第4節が行われ、内田篤人が所属するシャルケがホームでクラスノダール(ロシア)に2ー0で勝利、武藤嘉紀所属のマインツは敵地でアンデルレヒト(ベルギー)に1ー6の大敗を喫した。負傷離脱中の内田、武藤はともにベンチ入りしなかった。

公式戦7試合無敗と好調のシャルケは、この日も25分にジュニオール・カイサラのゴールで幸先よく先制。その3分後にはナビル・ベンタレブが追加点を挙げ、グループステージ無傷の4連勝を飾った。一方、敵地ベルギーに乗り込んだマインツは開始早々の9分に失点。15分にパブロ・デブラシスが決めて一度は同点に追いついたものの、41分に勝ち越しを許すと後半だけで4失点を喫してEL初黒星を喫した。

4連勝のシャルケは決勝トーナメント進出が決定。グループ3位に後退したマインツは、残り2試合でサンテティエンヌ(フランス)、ガバラ(アゼルバイジャン)と対戦する。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

シャルケ 2ー0 クラスノダール

【得点】
シャルケ:カイサラ(25分)、ベンタレブ(28分)

【ラインナップ】
シャルケ(3ー5ー2)
フェアマン;ヘーベデス、ナルド、ナスタシッチ;カイサラ、スタンブリ、ベンタレブ(58分 ゴレツカ)、アオゴ、ババ(69分 コラジナッチ);コノプリャンカ(82分 シェプフ)、チュポモティング

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

アンデルレヒト 6ー1 マインツ

【得点】
アンデルレヒト:スタンチュ(9分、41分)、ティーレマンス(62分)、テオドルチュク(89分、90分+4/PK)、ブルーノ(90分+2) マインツ:デブラシス(15分)

【ラインナップ】
マインツ(4ー2ー3ー1)
レッスル;ドナティ(79分 オストゥナリ)、バログン、ベル、ブロジンスキ;セルダル(67分 ハイロ)、グバミン;デブラシス、マリ、オニシウォ;コルドバ