Summary

・ELグループステージ第2節、マインツが敵地でカバラと対戦

・武藤がEL初ゴールをマーク

・マインツは1勝1分けでグループCの2位

9月29日、欧州リーグ(EL)のグループステージ第2節が行われ、武藤嘉紀が所属するマインツがカバラ(アゼルバイジャン)を3ー2で下した。先発出場を果たした武藤は84分までプレー。前半に先制ゴールを挙げてチームの勝利に貢献した。

マインツはアゼルバイジャンの首都バクーまで4000キロ以上の移動を強いられたが、その疲れを見せることなく前半から奮闘。41分に武藤のゴールで先制する。後半はよりオープンな試合展開となり、57分、62分に連続失点を許すが、68分にCKからジョン・コルドバ、78分にはレビン・オストゥナリがゴールを決めて再逆転。強い反発力を示して今大会初勝利を飾った。

2試合を終えて1勝1分けのマインツはグループCの2位。10月20日に行われる次節はホームでグループ首位のアンデルレヒト(ベルギー)と対戦する。