Summary

  • ELグループステージ第1節、アーセナル対ケルン
  • ケルンにとっては25年ぶりのヨーロッパの舞台
  • コルドバのゴールでケルンが先制するも後半に3失点

欧州リーグ(EL)のグループステージ第1節が9月14日に行われ、大迫勇也が所属するケルンが敵地でアーセナル(イングランド)に1ー3で敗れた。大迫は76分からピッチに立ち、欧州カップ戦デビューを飾った。

アーセナル 3ー1 ケルン

セキュリティの問題によって1時間遅れでのスタートとなった一戦、最高の立ち上がりを見せたのは25年ぶりに欧州カップ戦の舞台に立ったケルンだった。ボールを保持しながらチャンスをうかがうアーセナルに対し、ケルンは4ー5ー1システムを敷いて自陣に強固な守備ブロックを形成。出足の良さと球際の強さで守備からリズムを作り、開始9分に先制に成功する。

最終ラインの裏を狙ったロングボールはペナルティーエリアを飛び出したGKのオスピナにクリアされるが、このボールをビッテンクールトが拾ってコルドバにつなぐと、コルドバが躊躇なく右足を一閃。30メートル超の距離から放たれたシュートはGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。

その後はアーセナルの反撃に遭い、15分にCKからモンレアル、20分にはベジェリンのクロスからジルーにヘディングシュートを許すが、いずれもGKホーンの守備範囲内。ウォルコットに裏を取られた23分のシーンもラウシュが素早く寄せて自由にシュートを打たせなかった。

30分にはラウシュの鋭いグラウンダーのクロスにツォラーが飛び込んでチャンスを作るが、これはわずかにオフサイドの判定。この時にGKと接触したヘクターが右足を痛めてプレー続行不可能となり、35分にヨイッチとの交代を余儀なくされる。それでも、チームのバランスが崩れることはなく、ケルンが1点のリードを保ったままハーフタイムを迎えた。

流れを変えたいアーセナルはセンターバックのホールディングを下げて今夏にシャルケから獲得したコラジナッチを投入。システムを4ー2ー3ー1に変更するとこの交代策がずばり的中する。49分、エルネニーの浮き球のパスに反応したウォルコットがエリア左に抜け出して中央にクロス。DFに当たって高く浮いたボールをコラジナッチが豪快にボレーで叩き込んで同点とする。

ケルンは追いつかれた後も粘り強い守備を続けていたが、相手にボールを保持される時間が長くなるにつれて疲労の色が見え始める。61分には久しぶりに敵陣までボールを運んでヨイッチがミドルシュートを狙うが、これはGKの正面。逆に67分にはサンチェスにカットインを許し、逆転となるミドルシュートを叩き込まれてしまう。

これで完全にアーセナルのペースにのみ込まれたケルンは防戦一方。76分には大迫を投入して同点ゴールを目指すが、82分にはベジェリンに決定的な3点目を決められて万事休す。疲労に加えて集中力も失ったケルンに2点差を跳ね返す力は残されていなかった。

【得点】
アーセナル:コラジナッチ(49分)、サンチェス(67分)、ベジェリン(82分)
ケルン:コルドバ(9分)

【ラインナップ】
アーセナル(3ー4ー2ー1)
オスピナ;ホールディング(46分 コラジナッチ)、メルテザッカー、モンレアル;ベジェリン、エルネニー、イウォビ(68分 ウィルシャー)、ナイルズ;ウォルコット(83分 ネルソン)、サンチェス;ジルー

ケルン(4ー5ー1)
T・ホーン;クリュンター(76分 大迫)、メレ、ハインツ、ラウシュ;ツォラー(65分 リッセ)、ヘーガー、レーマン、ヘクター(35分 ヨイッチ)、ビッテンクールト;コルドバ