Summary

  • U21ドイツ代表、4大会ぶりの欧州制覇
  • ワイザーのゴールを守り抜き、スペインに1ー0で勝利
  • DFL首脳陣から祝福の声

U21欧州選手権決勝が6月30日にクラクフ(ポーランド)で行われ、U21ドイツ代表はU21スペイン代表と対戦し、1ー0で勝利した。2009年以来、4大会ぶりの優勝を飾った若きドイツ代表選手たちに、ドイツサッカーリーグ(DFL)からも祝福の声が送られている。

※マッチレポートはこちら

ラインハルト・ラオバル会長: 素晴らしい成功を収めたU21の選手たち、シュテファン・クンツ監督、そしてスタッフたちに、心からおめでとうと申し上げたいです。大会が始まる前、人々はU21欧州選手権での優勝を、夢の1つとしか捉えていなかったかもしれません。しかし今大会を制した選手たちは、卓越したパフォーマンスを見せ、この成功を手にしました。来シーズンの彼らが、それぞれの所属クラブでできるだけ多くの出場機会を得られることを願っています。

クリスティアン・ザイファート社長: この類稀な成功を収めたクンツ監督ならびに選手たち、本当におめでとうございます。このチームの戦いぶり、特にグループリーグを突破してからのプレーは、見ていて本当に楽しかったです。今回の欧州選手権優勝が、選手たちの今後のキャリアに好影響を与えることは間違いありません。他の才能あふれる選手たちも、きっと刺激を受けたのではないでしょうか。