Summary

・DFB杯準々決勝、ロッテ対ドルトムント

・前半はスコアレスも後半ドルトムントが一挙3ゴール

・香川はチーム2点目を演出、フル出場果たす

2月28日にピッチコンディション不良のため、キックオフ直前で延期が決定したドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)準々決勝ロッテ(3部)対ドルトムントが、代替開催地オスナブリュックで3月14日に開催され、3ー0でドルトムントが勝利した。香川真司はフル出場し、チームの2点目を演出している。

ロッテ 0ー3 ドルトムント

ブレーメンレーバークーゼン、1860ミュンヘンらを倒し、ここまで勝ち上がってきたロッテが、序盤は攻勢に出る。開始10分、左サイドからグラウンダーセンタリングを入れると、ゴール至近距離からロージンガーがシュート。しかしこれはドルトムント守備陣にブロックされ、ロッテがCKを獲得している。

さらにその1分後、ロッテはCKをクリアされるも、ドルトムント最終ラインが押し上げたところで裏へロビングパス。ウェンデルが抜け出し、GKと1対1という絶好の場面を迎えたが、ビュルキの左腕に防がれてしまった。

立ち上がりのピンチを乗り越えると、徐々にドルトムントがポゼッションを高めていく。15分には香川がカストロとのワンツーで守備網をかいくぐると、右のスペースにパス。ペナルティーエリアに入ったシュアレがセンタリングを送り、デンベレが飛びこむも、ヘディングを完璧に合わせることはできなかった。

スコアレスのまま後半に入ると、最初にチャンスを迎えたのはドルトムントだった。49分、プリシッチが中へ切り込み、ボールはペナルティーエリア左の香川へ。残すはGKだけとなったが、ニアサイドを狙って蹴ったシュートは、ロッテ守護神にブロックされてしまう。

スコアが動いたのは57分、自陣でこぼれ球を拾ったデンベレが一気に加速して前へ進むと、バイタルエリアに入ったところで、後方をクロスしながら追い抜いていくプリシッチにスルーパス。最後はプリシッチがGKフェルナンデスの股間を抜くシュートを決め、ドルトムントが先制点を奪った。

さらにその9分後、ペナルティーエリア左の香川が逆サイドに送り、ゲレイロが頭で折り返したところをシュアレが右足ボレーシュート。これが決まってドルトムントのリードは2点に広がっている。

83分にはシュメルツァーがFKから直接狙い、GKの手に弾かれたボールは左ポストに当たってネットへ吸い込まれ、試合は3ー0となる。

このまま試合は終了し、勝利を飾ったドルトムントが、4月25~26日に行われるDFB杯準決勝でバイエルン・ミュンヘンと激突することになった。

【得点】

ロッテ:なし
ドルトムント:プリシッチ(57分)、シュアレ(66分)、シュメルツァー(83分)

【ラインナップ】

ロッテ(4ー3ー3)
フェルナンデス;ラングリッツ(46分 シュタインハート)、ラーン、ナウバー、ナイトハート;デイ(62分 ハイヤー)、ウェンデル(73分 タンクリッチ)、ピレスロドリゲス;フライベアガー、ロージンガー、リンドナー

ドルトムント(4ー1ー4ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ギンター、バルトラ、シュメルツァー;カストロ(86分 イザック);デンベレ、香川、ゲレイロ(71分 メリーノ)、プリシッチ(82分 モル);シュアレ