Summary

  • CLグループステージ第2節、ベシクタシュ対ライプツィヒ
  • 前半の2失点でライプツィヒが0ー2敗戦
  • ライプツィヒの大会初勝利は次節以降に持ち越し

欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第2節が9月26日に行われ、ライプツィヒが敵地でベシクタシュ(トルコ)に0ー2で敗れた。

ベシクタシュ 2ー0 ライプツィヒ

ライプツィヒは大会初勝利を目指してイスタンブールに乗り込んだが、開始11分に右サイドを崩されて先制点を許す。さらに43分にはクアレスマのクロスをタリスカに頭で押し込まれて0ー2。後半の反撃も実らず完封負けを喫した。

グループステージ2試合を終えてライプツィヒは1分け1敗の最下位。10月17日にホームで行われる次節のポルト(ポルトガル)戦で大会初勝利を目指す。

【得点】
ベシクタシュ:バベル(11分)、タリスカ(43分)

【ラインナップ】
ベシクタシュ(4ー1ー4ー1)
ファブリ;メデル(60分 ウイサル)、ペペ、トシッチ、ジャネル;ハッチンソン;クアレスマ、タリスカ(71分 アルスラン)、エジャクプ、バベル;トスン(80分 ネグレド)

ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;イルサンカー、オーバン(46分 カンプル)、ウパメカノ、ハルステンベアク;ザビッツァー、デメ、ケイタ(59分 ブルマ)、フォースベルク;オギュスタン、ウェアナー(32分 クロースターマン)