Summary

  • CLグループステージ第1節、ライプツィヒ対モナコ
  • ライプツィヒにとっては初のヨーロッパの舞台
  • ライプツィヒが先制するも直後に追いつかれて引き分け

欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第1節が9月13日に行われ、欧州カップ戦初出場のライプツィヒがホームでモナコ(フランス)と引き分けた。

ライプツィヒ 1ー1 モナコ

欧州の舞台での初陣を迎えたライプツィヒは33分、左サイドを抜け出したフォースベルクが中央に持ち込んで自らゴールネットを揺らし、記念すべきクラブにとってのCL初ゴールをマークする。

しかし、その1分後、左サイドからのクロスを中央のディアカビに頭でつながれると、ティーレマンスがヘディングシュート。いったんはGKグラシが防いだかに見えたが、こぼれ球を再びティーレマンスに押し込まれて試合は1ー1の引き分けに終わった。

ライプツィヒは26日に行われるグループステージ第2節、トルコのベシクタシュ(アウェー)との一戦でCL初勝利を目指す。

【得点】
ライプツィヒ:フォースベルク(33分)
モナコ:ティーレマンス(34分)

【ラインナップ】
ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;クロスターマン、オーバン、ウパメカノ、ハルステンベアク;ザビッツァー、イルサンカー、デメ、フォースベルク(63分 カンプル);パウルゼン(80分 オギュスタン)、ウェアナー

モナコ(4ー2ー3ー1)
ベナーリオ;トゥーレ、グリク、ジェメルソン、ジョルジ;ファビーニョ、モウチーニョ;シディベ(84分 ゲザル)、ティーレマンス、ディアカビ(74分 ケイタ・バルデ);ファルカオ(89分 カリージョ)