Summary

  • ブンデスリーガ通算5万ゴール目に到達
  • 決めたのはレーバークーゼンのドイツ代表MFベララビ
  • 記念すべきゴールを挙げた喜びを語った

ブンデスリーガの通算得点数は前節までに4万9999ゴールとなっており、第21節初日のアウクスブルクレーバークーゼン戦で誰が5万ゴール目を決めるのか、注目が集まっていた。試合開始23分、レーバークーゼンのカリム・ベララビがこの記念すべきゴールを挙げ、チームは3ー1で連勝を飾った。試合後、ベララビがインタビューに応じ、喜びを語った。

——ベララビ選手、おめでとうございます。ブンデスリーガの通算5万ゴール目を決めました。あなたの名前がブンデスリーガの歴史に刻まれることになります。

ベララビ そうみたいですね。この記念ゴール、とてもうれしく思います。でも、重要なのは勝ち点3を獲得できたことです。それが今日のチームにとって重要なことだった。また、(順位が)上の方になってうれしいです。来週もこのままスピードを上げていけるといいなと思います。

——このゴールを誰に捧げますか?

ベララビ この記念ゴールはもちろん、家族に捧げます。それと、残念ながら現在チームには帯同できない友達のハカン(※)にも。彼は僕たちにとって非常に重要な選手であり、チームの重要な一部です。

(※)ハカン・ジャルハノーウルは4カ月の出場停止中

——チーム内で5万ゴールは話題にのぼっていましたか?

ベララビ 正直言うと、僕たちは全く期待してなかったんです。僕は今週、記念ゴールが生まれるだろうって聞いていました。でも、試合中はそのことは頭になかったし、ハーフタイムになっても、まだ知らなかったんですよ。試合が終わって初めて、事を理解しました。とてもうれしいし、特別なことですね。

23分のベララビの先制点、チチャリートの2得点でレーバークーゼンが快勝した

——スポーツディレクターのルディ・フェラー氏はベララビ選手について、「まだまだだが、試合ごとに良くなっている」と話していました。その通りだと思いますか?

ベララビ 僕は長期間、負傷していました。それも、軽いけがではなかった。だから、元に戻るまでには数試合が必要です。試合ごとに、少しずつ力が戻り、実践に移すことができていると自分でも感じています。また、コンディションが戻ってきたこと、また勝ち点を獲得したこと、少しずつ(順位が)上へ上がってきていることがうれしいです。

——チームはとても楽しそうにプレーしていました。ベララビ選手のゴールをアシストしたカイ・ハベルツ選手はチームにとってどのような存在ですか?

ベララビ 彼は若干17歳なんですよ。彼が先週も今日も90分で見せたプレーは、信じられないですよ。「リスペクト!」としか言いようがないです。とても良いパフォーマンスをしていましたし、僕もうれしいです。だって、彼は特別な少年ですから。このままうまくいくといいですね。 

17歳のハベルツ(左)の折り返しから、ベララビの記念すべきゴールが生まれた

——アイントラハト・フランクフルト戦に続き、今日のアウクスブルク戦も快勝でした。この2試合をチャンピオンズリーグのラウンド16、アトレティコ・マドリード戦(第1戦は2月21日)に生かせるでしょうか?

ベララビ 僕たちは今、自信を持っていますし、アクセルを踏みたいと思います。火曜日の試合はとてもハードになるでしょうから、2、3日はしっかり休まないといけません。今日まではアウクスブルク戦のことしか頭にありませんでしたが、すでに(アトレティコ戦を)楽しみにしています。今からは100%、アトレティコ戦に集中しなければいけません。火曜日に全てを出し、一番良いのは勝つことですね。