Summary

  • DFB杯決勝に臨むドルトムント
  • 過去3シーズンはいずれも決勝で敗退
  • 5年ぶり4回目の大会制覇を狙う

今季のドルトムントはブンデスリーガの優勝争いから早々に脱落し、欧州チャンピオンズリーグ(CL)でも準々決勝でモナコに敗れた。5月27日にベルリンで行われるドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)決勝はタイトル獲得の最後のチャンスとなる。

目標達成へ、2週連続の“ファイナル”に臨む

3位の座が懸かったリーグ最終節を前に、トーマス・トゥヘル監督は「ここから迎える2つのファイナルでチームの目標を達成することができる」と話した。一つ目の“ファイナル”と位置づけられた最終節のブレーメン戦は、2度にわたってリードを許す苦しい展開となったが、残り15分で2ゴールを奪って逆転勝利。2ゴールを決めたピエールエメリック・オバメヤンが逆転でリーグ得点王に輝いた。

「強い情熱、プレッシャー、そして勇気を持って攻めたことで逆転することができた。選手には大きな賛辞を送りたい」。トゥヘル監督はそう語り、最高の形でリーグ戦を締めくくった選手たちを称賛した。これでCL本戦出場権の確保という最初のノルマは達成された。

オリンピア・シュターディオンをホームに

ドルトムントはトゥヘル監督の就任以降、2シーズン連続でホーム無敗を達成。ジグナル・イドゥナ・パークでの圧倒的な強さはチームにとって大きな力となっている。GKロマン・ビュルキも「トップチームでありたいと思うのであれば、ホームでは勝たなければいけない」と話している。

アイントラハト・フランクフルトと対戦するDFB杯決勝の舞台はベルリンだが、これまでもそうだったように首都は黄色と黒のユニフォームを身をまとった人々で溢れ返るはずだ。ドルトムントのサポーターはオリンピア・シュターディオンにホームの雰囲気に作り上げ、5年ぶりの優勝を後押ししてくれるだろう。「逆転勝ちでCL出場を決めたことは、もう一度自信をつけるために重要だった」。そうソクラティスが話すとおり、ドルトムントは自信とともにベルリンに乗り込む。

キーマンのロイスは優位を強調

ケガから戦列復帰を果たして以降、公式戦8試合で7ゴール2アシストと大車輪の活躍を披露しているマーコ・ロイスの存在も大きい。ブレーメン戦ではキックオフ直前で負傷したマーセル・シュメルツァーに代わってキャプテンマークを巻き、2ゴールを挙げる活躍を見せた。

しかし、3位フィニッシュに浮かれる様子はなく、「この勝利はチームを後押ししてくれるものだが、守りはあまり良くなかった。そこを改善していかないと」と、最後の一戦に向けて課題を挙げている。一方で、リーグ最終戦まで真剣勝負が続いたことはプラスに作用すると話す。「戦いのリズムを維持するためにも、ブレーメン戦が重要な試合だったのは良かったと思う。フランクフルトはここ最近苦戦していた。いきなり調子を上げるのは難しいはずだ」

ベルリンでのトラウマ克服なるか

ドルトムントにとってもう一つ大きな活力となりそうなのが、マルク・バルトラの戦列復帰だ。バルトラはCLモナコ戦前に発生したバス襲撃事件で右腕を骨折していたが、最終節で9試合ぶりにピッチに立ち、力強いパフォーマンスを披露。試合後には南側スタンドの前でチームメートとサポーターに祝福され、思わず涙をこぼす場面もあった。

3シーズン連続でDFB杯決勝の舞台に立ちながら、いずれもベルリンで涙をのんできたドルトムント。リーグ得点王として決勝でもゴールが期待されるオバメヤンは、「これで4年連続の決勝だが、今年こそ勝たないといけない」と今回の一戦をトラウマ克服の機会と位置づけている。