ドイツサッカーリーグ(DFL)は7月11日、2017/18シーズンのブンデスリーガ開幕節〜第6節までと、ブンデスリーガ2部の第3節〜第8節までの詳細日程を発表した。

19日には日本人対決が2試合

ブンデスリーガは8月18日(金)、バイエルン・ミュンヘンレーバークーゼンの一戦で開幕する。

香川真司の所属するドルトムントは19日(土)15時30分(日本時間22時30分)、アウェーでウォルフスブルクと対戦。武藤嘉紀が所属するマインツ対ハノーファー、原口元気が所属するヘルタ・ベルリン対浅野拓磨が所属するシュトゥットガルト、酒井高徳が所属するハンブルガーSV対宇佐美貴史が所属するアウクスブルクも同時刻にキックオフされる。

内田篤人が所属するシャルケは同日18時30分(25時30分)、昨季2位のライプツィヒをホームで迎え撃つ。

20日(日)の15 時30分(日本時間22時30分)には長谷部誠と鎌田大地の所属するアイントラハト・フランクフルトがアウェーでフライブルクと激突。18時(25時)には大迫勇也の所属するケルンが敵地でメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)とのラインダービーに挑む。