Summary

  • ブンデスリーガ全18クラブの主将を紹介
  • バイエルンはラームに代わりノイアーがキャプテン就任
  • ブレーメン、ライプツィヒ、シャルケなども新主将が誕生

今週末の8月18日から20日にかけて、ついに2017/18シーズンのブンデスリーガ開幕節が行われる。そこで今回は、全18クラブの主将を以下に紹介していく。

バイエルン・ミュンヘン

マヌエル・ノイアー
これまでの主将フィリップ・ラームが昨季限りで現役を引退したため、新たにノイアーがその座に就任。プレー面だけでなく精神面でも、守護神が最後尾からチームを支えていく。

ライプツィヒ

ウィリー・オーバン
2016/17シーズンのチームキャプテンは古株ドミニク・カイザーが務めていたが、同選手は先発出場の機会が少なかったため、オーバンがゲームキャプテンの役目を担っていた。今季からは名実ともに主将の任務に就くことになる。

ドルトムント

マーセル・シュメルツァー
マッツ・フメルスから昨夏キャプテンマークを受け継いだシュメルツァーが、今季も継続してチームをまとめていく。

ホッフェンハイム

オイゲン・ポランスキ
ホッフェンハイムでは選手の投票により主将を決定。ユリアン・ナーゲルスマン監督の下、あまり出場機会を得られていないポランスキだが、他の選手からの信頼は厚く、バイエルンに移籍したゼバスティアン・ルディの後任に任命された。

ケルン

マティアス・レーマン
かつて1860ミュンヘンに在籍していた時に、22歳で同クラブの主将を務めていたレーマンが、今季もケルンの主柱として君臨する。

ヘルタ・ベルリン

ベダド・イビシェビッチ
昨夏、ファビアン・ルステンベルガーからキャプテンマークを引き継いだイビシェビッチが今季も主将を務める。

フライブルク

ユリアン・シュスター
ホッフェンハイムと同じく、フライブルクも選手の投票で主将が決められる。シュスターが6季連続でその座に就くことに。

ブレーメン

ズラトコ・ユヌゾビッチ
ラームの引退によりノイアーが引き継いだバイエルンのように、ブレーメンもクレメンス・フリッツが昨季限りで現役から退いたため、ユヌゾビッチが新たに主将となった。

メンヘングラートバッハ

ラース・シュティンドル
コンフェデレーションズカップ優勝を成し遂げたドイツ代表で確かな足跡を残したシュティンドル。昨季に続き、今シーズンも大役を担う。

シャルケ

ラルフ・フェアマン
7シーズンぶりに主将交代となったシャルケ。ベネディクト・ヘーベデスの後継者は、不動の守護神フェアマンとなった。

アイントラハト・フランクフルト

アレクサンダー・マイヤー
今季もマイヤーが主将を務めるフランクフルト。しかし同選手は現在負傷離脱しているため、その間はダビド・アブラハムもしくは長谷部誠がキャプテンマークを巻くことになる。

レーバークーゼン

ラース・ベンダー
レーバークーゼンの主将も変わらずベンダーが務める。今夏就任したハイコー・ヘアリッヒ新監督も「(主将を)変える理由は何もない」と太鼓判を押している。

アウクスブルク

ダニエル・バイアー
パウル・フェアハークがウォルフスブルクに移籍したことにより、中盤の要であり10番を背負うバイアーが新主将に。

ハンブルガーSV

酒井高徳
昨シーズン途中にヨハン・ジュルーからキャプテンマークを引き継いだのは酒井。ブンデスリーガクラブで主将になった初めての日本人が、今季も北の雄をけん引する。

マインツ

ニコ・ブンガート
サンドロ・シュワルツ新監督の下、レギュラーCBとして出場できるかは不明だが、マインツ古株の1人であるブンガートが主将を務める。なお、ブンガートが試合に出ていない際には、シュテファン・ベルがゲームキャプテンを担う予定。

ウォルフスブルク

マリオ・ゴメス
ディエゴ・ベナーリオの移籍にともない、ベテランストライカーのゴメスが昨季不振に陥ったクラブのまとめ役を務める。

シュトゥットガルト

クリスティアン・ゲントナー
ユース時代の1999年からクラブに在籍するゲントナーが今季もキャプテンを務める。

ハノーファー

エドガー・プリプ
2016/17シーズン開幕前、マヌエル・シュミーデバッハに代わり主将の座に就いたプリプが、ブンデスリーガに昇格した今季も引き続きキャプテンマークを腕に巻く。