Summary

  • 2016/17シーズン前半戦の各節のトピックを振り返る
  • 前編は開幕節から第8節まで

開幕節:4連覇中の王者、安定の白星スタート

54シーズン目のブンデスリーガは8月26日、バイエルン・ミュンヘンブレーメンによる伝統の一戦で幕を開けた。カルロ・アンチェロッティ新体制で臨んだバイエルンだったが、昨シーズンの得点王ロベルト・レバンドフスキのハットトリックなどで6-0で完封勝利を収めた。

試合後のレバンドフスキのインタビューへ

香川真司のドルトムントと武藤嘉紀のマインツが開幕節でいきなり激突。ホームのドルトムントが2点のリードを広げたが、途中出場の武藤が試合終了間際に一矢を報いた。試合後、フル出場の香川は「勝つことが第一」、武藤は自身の得点を「最低限の結果」と話している。

香川と武藤のコメントへ

2016年12月時点であれば、トップゲームとして注目されたであろうホッフェンハイムライプツィヒ。その後の両クラブの躍進をご存知の方であればお分かりのように、結果は引き分け(2-2)となっている。

第2節:ヘルタ原口、2アシスト

開幕節から約2週間のインターナショナルウィークを挟んで迎えた第2節、日本代表のW杯アジア最終予選2連戦(UAE、タイ)を戦ったばかりの原口元気が躍動した。ヘルタ・ベルリンはアウェーのインゴルシュタット戦、原口のスルーパスからイビシェビッチが先制点を挙げると、後半にも原口のクロスにシーバーが合わせて追加点。開幕節のフライブルク戦でも全2得点に絡んだ原口は、チーム史上初の開幕連勝の立役者に。この試合のマン・オブ・ザ・マッチにも輝いた。

第2節ではブンデスリーガ初参戦のライプツィヒがドルトムントを破るというの番狂わせも起こった。スコアレスのまま迎えた89分、ケイタの決勝点でライプツィヒがブンデスリーガ初勝利を飾っている。

この試合の記事へ

第3節:ドルトムントが6発

連敗を阻まれたドルトムントだったが、第3節のダルムシュタット戦では鬱憤を晴らすかのように6-0で快勝。途中出場した香川は決定機を決めることができず、試合後に悔しさをにじませた。

香川のコメントへ

ヘルタはこの試合でもシャルケを2-0で粉砕し、クラブ史上初の開幕3連勝で首位バイエルンと同勝ち点で2位に。この試合でもフル出場を果たした原口だが、チームで生き残るためには数字で結果を出すことにこだわっていた。

原口のコメントへ

第4節:フランクフルト、残留から上位争いへ

平日開催となった第4節、開幕連勝中のバイエルンとヘルタの試合は3-0で前者に軍配が上がった。

長谷部誠のアイントラハト・フランクフルトはインゴルシュタットに勝利し、今季早くも3勝目。昨季はブンデスリーガ2部との入れ替え戦の末に残留を果たしたチームだが、好調な滑り出しに長谷部は「連勝して、チームも良い状態」と答えた。

長谷部のコメントへ

同じく好調をキープしているのは大迫のケルン。敵地でのシャルケ戦を3-1で勝利。大迫は同点弾を決め、リーグでは約1年ぶりの得点となった。

第5節:ケルン大迫が連続ゴール

ケルンの大迫が2試合連続でゴールを挙げた。本拠地でのライプツィヒ戦、1点を追う展開で大迫が見事なトラップとターンで相手DF陣を振り切りながらミドルシュートをゴールへ突き刺した。これで1-1としたケルンは開幕から負け知らず。大迫は当サイトのマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

大迫のコメントへ

スタートダッシュに成功するチームがある一方、いまだ波に乗れないチームも。内田篤人の所属するシャルケはホッフェンハイムに敗れ、開幕から5連敗で最下位に転落した。酒井高徳のハンブルガーSVは開幕節こそ引き分けたもののその後は4連敗。第5節では王者バイエルン相手に善戦したが、試合終了間際に決勝点を奪われ、試合後にブルーノ・ラバディア監督が解任された。

第6節:シャルケが今季初白星

シャルケの連敗が5でストップ。しかも、メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)に4-0で大勝した。

今季も開幕から連勝で首位に立つバイエルンだが、ここで勝ち点を取りこぼす。相手は大迫のケルン。後半にエースのモデステのゴールで追いつき、アリアンツ・アレーナの観客を黙らせた。

第7節:ケルンが無敗をキープ

ケルンの勢いは止まらず、インゴルシュタットに2-1で勝利を収め、2位に踊り出た。大迫はこの試合でも1アシストの大活躍。「チームは今、すごくうまい具合に回っている」と試合後に話した。

大迫のコメントへ

フランクフルトも王者バイエルンから勝ち点を得ることに成功。2回のリードを許したが、マーコ・ファビアンの劇的同点弾で2-2 の引き分けに持ち込んだ。

この試合の記事へ

第8節:生き馬の目を抜くライプツィヒ

ヘルタがケルンとの上位争いを制したため、2位にはライプツィヒが浮上。ブンデスリーガ昇格年にして、ここまで5勝3分で首位バイエルンを脅かす存在になりつつあった。

例年であればバイエルンの一番のライバルとなり得るドルトムントだったが、最下位のインゴルシュットとまさかの引き分けに終わった。これで4勝2分2敗で6位となり、ライプツィヒ、ヘルタ、ホッフェンハイム、ケルンを追いかける形に。

この試合の記事へ