Summary

  • 2016/17シーズンのブンデスリーガ、直接FKトップ10紹介
  • 名プレースキッカーが魅せる美技の数々

2016/17シーズンのブンデスリーガでは、計877ゴールが誕生した。その中にはもちろん、名プレースキッカーによる数々の美技も含まれている。鋭い弾丸シュートから、美しい曲線を描く芸術的なものまで、今季の直接FKトップ10をご覧頂きたい。

【10位】
リカルド・ロドリゲス(ウォルフスブルク所属、第1節アウクスブルク戦)

【9位】
ゴンサロ・カストロ(ドルトムント所属、第27節ハンブルガーSV戦)

【8位】
トーマス・デラネイ(ブレーメン所属、第21節マインツ戦)

【7位】
マークス・ズットナー(インゴルシュタット所属、第13節ブレーメン戦)

【6位】
コンスタンティノス・スタフィリディス(アウクスブルク所属、第2節ブレーメン戦)

【5位】
ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン所属、第13節マインツ戦)

【4位】
ウェンデル(レーバークーゼン所属、第23節ドルトムント戦)

【3位】
ダビド・アラバ(バイエルン・ミュンヘン所属、第33節ライプツィヒ戦)

【2位】
マービン・プラッテンハート(ヘルタ・ベルリン所属、第16節ダルムシュタット戦)

【1位】
マーセル・リッセ(ケルン所属、第11節メンヘングラートバッハ戦)