が所属するシュトゥットガルトは5月25日、アレクサンダー・ツォルニンガー氏が、今季限りで退団することが決まっているフープ・ステフェンス監督の後任になることを発表した。

ツォルニンガー氏はライプツィヒを4部から2部に昇格させた実績を持ち、今季第20節まで同クラブで指揮を執っていた。ロビン・ドゥットSDは「アレクサンダー・ツォルニンガーが理念とするサッカーは、シュトゥットガルトが追求するサッカーと非常に近い」と決定を理由づけている。