第33節の終了時点で13位と最下位の勝ち点差がわずかに4と、ブンデスリーガ史上前例のない大混戦となった今季の残留争い。5月23日に開催された最終節も波乱の展開となり、シュトゥットガルトが土壇場で残留を決め、対照的にフライブルクは自動降格圏への転落という苦渋を味わった。