5月16日~22日までのブンデスリーガ関連のニュースを5つピックアップしてお届けする。

ハノーファーがブンデスリーガ第33節でアウクスブルクに2-1で勝利し、2015年に入って初の白星を獲得した。

ブンデスリーガ第33節は9試合同時に開催され、90分間の中でも残留争い6クラブの順位は激しく入れ替わった。試合中の動きをグラフィックで振り返る。

インゴルシュタットがブンデスリーガ2部の優勝を果たし、来季初めて1部へ昇格することが決まった。

ドルトムントのMFゼバスティアン・ケールは今季限りでの現役引退を表明している。ブンデスリーガ最後の試合を前に、その胸の内を語った。

バイエルン・ミュンヘンのGKマヌエル・ノイアーが国際スポーツジャーナリスト連盟(AIPS)の世界最優秀スポーツ選手賞と、ヨーロッパスポーツジャーナリスト連盟(UEPS)のヨーロッパ最優秀スポーツ選手賞をダブル受賞した。