ブンデスリーガ第33節は5月16日、各地で全9試合が行われ、が所属するマインツはホームで、とのケルンと対戦し、2-0で勝利した。試合後、フル出場した岡崎がインタビューに応じている。

――アシストを記録。

岡崎 そうですね、やっぱりこの形が一番良いかなって感じですね。自分が受けたりして・・・この2試合は点を取りたくて我慢してましたね。(後ろに)落ちて、受けてもう一回(前線に)入っていくというのでゴールを取れれば一番良かったかなと思うし。まあ何回もきょうは自分にラストパスも来たし、そういうので(相手を)かわしてシュートという形ができてくれば、もうちょっと違う結果になったかなと思います。

――相手のプレッシャーについてはどうだった?

岡崎 結構潰しには来てましたけどね、CBは。でも裏(へ抜けられること)を警戒してるんで、どのチームも。だから自分が下がることによって、ユヌス(MFマリ)とかが裏に抜けられると思うし。まあ自分がポストプレーもして、足元で受けて、裏にも抜けて・・・役割が多いので、ゴール近くになかなか行けないこともあったんですけど、それでもまあ流動的にできていた部分もあったんで。まあ個人的にはきょうみたいなサッカーが一番好きだし、こういう試合でゴールを決めた時の喜びは大きいと思うので。昨シーズンは我慢することで点を取ったと思うんですけど、やっぱりそれからはもう卒業かなって感じですね。

――最終節はバイエルン戦。

岡崎 今季は(自身)7試合目にしてイエローが4枚になりましたけど、(ここまで)イエローカードをもらわないで耐えたので。まあフライブルクはきょう勝ちましたしね。バイエルンもラストだし、これだけ負けていたらモチベーションは高いと思うので。

第33節結果一覧へ