ドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツ裁判所は5月11日、バイエルン・ミュンヘンのGKに2試合の出場停止処分を下した。これで今季残りのブンデスリーガには出場できなくなった。

レイナは5月9日に行われた第32節のアウクスブルク戦に正GKマヌエル・ノイアーの代わりに今季リーグ3試合目の出場を果たしたが、13分に相手選手をファウルで制止し、一発退場となっていた。