今週(5月2日~8日)入ってきたブンデスリーガ関連のニュースを5つピックアップしてお届けする。

とが所属するドルトムントのMFヤクブ・ブワシュチコフスキとFWアドリアン・ラモスが負傷により離脱。ブワシュチコフスキは最終節までに復帰する可能性があるが、ラモスは今季絶望的となった。(詳細記事へ

第31節(5月2日のシュトゥットガルト戦)で18試合ぶりにゴールネットを揺らし、シャルケの7試合ぶりの勝利に貢献したクラースヤン・フンテラーのインタビューを紹介。(詳細記事へ

とが所属するケルンのFWアンソニー・ウジャー(ナイジェリア代表)が来季、ブレーメンへ移籍することが明らかになった。(詳細記事へ

バイエルン・ミュンヘンは欧州チャンピオンズリーグ(CL)の準決勝第1戦でFCバルセロナ(スペイン)に0-3で敗れた。(詳細記事へ

左ひざの内側じん帯断裂により離脱していたバイエルンのDFダビド・アラバが約5週間ぶりにチーム練習に復帰した。(詳細記事へ