ブンデスリーガ2014/15シーズンも残り3試合となり、残留争いは佳境を迎えている。日本人所属クラブでは、とのヘルタ・ベルリンが13位、とのハノーファーが17位、のシュトゥットガルトが最下位と崖っぷちに立っている。第31節を終えて下位に沈む6クラブの今後の対戦相手と成績などをグラフィックで紹介する。