ブンデスリーガ第31節初日は5月2日、各地で7試合が行われ、が所属するドルトムントは、ホッフェンハイムの本拠に乗り込んだが、1−1の引き分けに終わった。以下、この試合のデータを紹介していく。


ホッフェンハイム

・2013年末以来となるホーム3戦連続未勝利。この3試合で得た勝ち点はわずかに1しかない。

・DFB杯を含めるとドルトムント戦は今シーズン3回あったが、1度も勝てなかった。

・今季初めてCKから失点を喫した。

・3本以上シュートを放った選手がドルトムントにいなかった一方、ホッフェンハイムのモデステは6本のシュートを打った。


ドルトムント

・クロップ監督の退任が決定して以降、公式戦4戦無敗。リーグ戦は3試合で勝ち点7を獲得している。

・4日前にDFB杯準決勝で120分+PK戦という死闘を繰り広げたが、コンディションは良好だった模様。この試合で11本のシュートを記録したが、そのうち約半数の5本を終盤の83分以降に打っている。

・ケールはこの試合で通算61枚目のイエローカードをもらったが、これはブンデスリーガ現役選手の中では最多の警告数。

この試合の詳細記事へ