シャルケに所属するが4月20日、チームを10日間離脱することが分かった。内田は長期間、膝蓋(しつがい)腱に問題を抱えていた。休養後、医療チームの診断によっては手術を受ける可能性もあると同クラブの公式ツイッターが伝えている。

今季は第5節から17試合連続でフル出場し、3アシストを記録した内田だったが、第26節からはベンチ入りするも出場機会はなく、昨日(19日)の第29節ウォルフスブルク戦では7試合ぶりにベンチ外となっていた。