ブンデスリーガ第29節2日目は4月18日、各地で6試合が行われ、 が所属するマインツは敵地でフライブルクと対戦し、3-2で勝った。岡崎はFWで先発し、39分と45分にゴールを決めるなどの活躍でチームの勝利に大きく貢献した。

フライブルク 2-3 マインツ公式記録

マインツは序盤、勢いよく攻め上がるがすぐに相手にボールを支配され、打開策を探る。相手に攻め入られるばかりで、好機を作れない時間が続く中、39分には岡崎がこの日4度目のボールタッチでゴールを決め、先制に成功する。前半ロスタイムには、CKからのボールをゴールにねじ込んで追加点を奪い、2-0で試合を折り返す。後半、相手の反撃をなんとかしのぐ展開が続く。岡崎も積極的に守備に走る。ほとんど好機を作れない中、68分にはCKのボールにフリーで頭から飛び込んだ岡崎だったが、チームメイトのノベスキにぶつかりゴールならず。81分、メーメディにゴールを許して1点差に詰め寄られる。しかし直後の83分にはブロジンスキのクロスにマリが合わせて3-1、再び点差を広げる。相手の猛反撃をなんとかしのぐも90分、再び失点して3-2となる。しかし最後は点差を守り切り、貴重な勝ち点3を手にした。

第29節2日目結果一覧へ
ヘルタ対ケルンの試合記事へ
岡崎MOMに選出
岡崎試合後のコメント
香川試合後のコメント
クロップ監督、試合後のコメント