4月11日から1週間の間に起こった主な出来事を紹介する。今週はドルトムントを7シーズン率いたユルゲン・クロップ監督が、2018年6月までの任期を待たずして今季限りで退任するという大きなニュースが飛び込んできた。

とが所属するアイントラハト・フランクフルトのFWアレクサンダー・マイヤーがひざの手術を受けることが分かった。マイヤーは今季19得点を挙げて得点ランキングの首位を走っていたが、今季中の復帰は絶望的となった。(詳細記事へ)

が所属するシャルケのMFユリアン・ドラクスラーが第28節(11日)フライブルク戦で162日ぶりに復帰を果たした。そのときの心境をインタビューで語っている。(詳細記事へ)

第28節を終えて最下位のハンブルガーSVは今季終了まで暫定的に指揮を執ることになっていたスポーツディレクターのペーター・クネーベル氏に代わり、ブルーノ・ラバディア氏が監督に就任した。(詳細記事へ)

とが所属するドルトムントのユルゲン・クロップ監督が今季限りで退任することを発表した。(詳細記事へ)

バイエルン・ミュンヘンは欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の第1戦を敵地で戦い、ポルト(ポルトガル)に1-3で敗れた。(試合記事へ)