とが所属するアイントラハト・フランクフルトは4月13日、公式ホームページで、FWアレクサンダー・マイヤーが14日、ひざの手術を受けると発表した。今季中の復帰は絶望的となった。

得点王争いで首位(19得点)のマイヤーは、ひざの故障により11日(土)のバイエルン戦を欠場していた。「手術を受けることになり、とても悲しい。最後までチームのためにプレーできないことは残念だが、今季の残りを良い形で終えることが出来るよう仲間たちを応援している。自分自身はできるだけ早く復帰できることを考えたい」と談話を発表している。

シャーフ監督は「マイヤーの離脱は大きな痛手だ。今季の残り試合も彼の得点がチームの助けとなるはずだった。手術がうまく運ぶこと、早くそして良い状態で戻ってくることを願うばかりだ」と話した。