ブンデスリーガ2部第28節初日は4月10日に各地で3試合が行われ、が所属するカールスルーエは本拠地でザンクト・パウリに3-0で快勝した。山田は先制点をアシストし、フル出場した。

カールスルーエ 3-0 ザンクト・パウリ公式記録

3分、相手のパスミスをナサロフが奪って左サイドの山田がクロスを送り、ヘニングスが決めてカールスルーエは最初のシュートを得点に結び付けた。19分には自陣からロングボールをつなぎ、最後はバレンティーニのクロスにヘニングスが合わせて2点目をたたき出す。35分、CKから相手のゴールチャンスとなるが、ゴードンがゴールラインギリギリのところで頭で跳ね返してピンチを救った。このシーン以外は危なげなく試合を運び、カールスルーエが2点のリードで前半を折り返した。後半もカールスルーエが試合を支配し、69分にはFKからグルデが頭で飛び込み、追加点を挙げる。このまま3-0で勝利し、3試合ぶりの白星を獲得した。