ブンデスリーガ第27節最終日は4月5日に各地で2試合が行われ、が所属するシャルケは敵地でアウクスブルクと、上位生き残りを懸けて対戦する。

アウクスブルクはここ7試合に限ればハノーファーに次いで成績が悪く、1勝4敗2分と調子を落としている最中。また直近の2試合はノーゴールに終わっており、シャルケ戦で無得点となれば、2012年10月から11月にかけて残したチームワースト記録に並んでしまう恐れもある。ただし、26試合終了時点ですでに12敗だが、その順位は現在6位と強運にも恵まれており、クラブ史上初の欧州カップ戦出場に向けて、是が非でも勝利を収めたいところだ。

対するシャルケも、最近の調子はアウクスブルクと大差がなく、ここ7試合で2勝3敗2分といまいち。また同クラブは昨シーズンを勝ち点64でフィニッシュしたが、現在のポイントから計算すると、仮に残りの8試合に全勝してもこれには届かないことがすでに決定している。さらにエースFWフンテラールも828分間ゴールがないなど、過去4年間のうちで最大のスランプに陥っている状況だ。しかし、アウクスブルクとは公式戦で8回(リーグ戦7回、DFB杯1回)対戦し6勝2分と無敗を守っており、直近の3試合にいたっては全勝。先述のフンテラールも同カード過去6試合で6得点と、完全に“カモ”にしている。

けがの影響で第25節と26節の出番がなかった内田も、日本代表の一員として先月末ピッチへ戻ってきた。同選手が今節、リーグ3試合ぶりの出場を果たすのかにも注目が集まっている。

スコア速報(日本時間5日22時30分開始)