ブンデスリーガ第27節初日は4月4日、各地で7試合が行われ、が所属するドルトムントは本拠でバイエルン・ミュンヘンと対戦し0-1で敗れた。試合後、67分から途中出場した香川がインタビューに応じている。

――チームとしての差を感じるような内容だった?

香川 そうですね。最後のところで精度を欠いたのかなと思います。

――どういうイメージで試合に入った?

香川 守備時は3トップ(4-3-3)みたいな感じでしたけど、攻撃時は4-2-3-1みたいな感じでした。

――個人的には何を意識していた?

香川 ボールを上手く受けれれば良かったですけど、相手も最後のところでは激しくきていました。そこで自分がボールを受けれなかったことは課題です。

――相手の守備が激しくて簡単にはボールを受けられなかった?

香川 (相手が)引いて守っていたので、最後の3分の1のところでの激しさはありました。

ドルトムント対バイエルンの試合記事へ
ブンデスリーガ第27節初日結果一覧へ
フランクフルト対ハノーファーの試合記事へ
長谷部の試合後インタビュー記事へ