3月14日に行われたブンデスリーガ第25節で、とが所属するアイントラハト・フランクフルトは4-0でパーダーボルンに勝利した。試合後、フル出場した長谷部と2アシストの活躍をした乾がインタビュー応じた。

長谷部誠

――試合を振り返って。

長谷部 相手も良くなかったですけど、結果としては後ろはゼロで抑えられて、4点も取れているので良かったと思います。自分たちの課題はホームが良くて、アウェーではなかなか勝てないところなので、次の試合が大事になると思います。

――前節はケルンに4失点という厳しい結果だったが、きょうは良い守備ができた?

長谷部 きょうは相手攻撃陣のクオリティーがそれほど高くなかったので、守備のところではなかなか評価しづらいのかなと思います。そこは次のアウェー(シュトゥットガルト戦)で見えてくるんじゃないかと思います。

――シャーフ監督はケルン戦の後、中盤の守備に問題があると話していた。長谷部選手はどう考えている?

長谷部 中盤と言っても広いので、いろいろな意味があると思います。このチームが良くないときは、チームが連動して攻守ができないときなので。まだまた守備の連動性を、もちろん中盤もそうですけど、全体として高めなければいけないかなと思います。

――きょうの自分自身のプレーについては?

長谷部 満足いくレベルではないですね。攻撃でも守備でももっともっと絡まないといけないかなと思います。

――この勝利で欧州リーグの出場権が得られる順位に近づいた。

長谷部 今シーズンはそういう順位まで来て、その次の試合で勝てないというか、コンスタントに結果を出せないところが課題です。チャンスが来たので、ここでしっかり結果を残せるように準備したいですね。


乾貴士

――試合を振り返って。

試合はしっかり勝てましたし、4点取って無失点だったので良かったと思います。

――チームの3点目、4点目は乾選手のパスから生まれた。

3点目はチームとしての狙いでした。アイクナーはいつも良いランニングをしてくれるので。それは前半からあったんですけど、見逃して出せなかったシーンも何度かありました。後半のあのシーンではできたのかなと思いますし、よく決めてくれました。4点目は自分のアシストというよりも、(バルデスの)ゴールが良かったと思います。

――前半から精力的に動き回っていた。

どんどん中へ入ってボールを受けるように言われていたので、それをやろうと思っていたんですが、なかなか良いプレーができませんでした。それは反省すべきでところですし、ミスが多かったところも反省しなければいけません。1対1のところもそうですし、体が軽くなかったので、キレもなかったですし、自分自身としては良くなかったです。

この試合の詳細記事へ
ドルトムント対ケルンの試合記事へ
第25節2日目結果一覧へ