ブンデスリーガ第25節初日は3月13日に1試合が行われ、が所属するシュトゥットガルトは敵地でレーバークーゼンと対戦し、0-4で敗れた。試合後の両クラブ指揮官コメントは以下の通り。

<シュトゥットガルト、フープ・ステフェンス監督>

我々はこの結果を受け入れなければならない。開始から30分までは、今シーズンでベストな内容だった。しかしその後、たった数分のうちに多くのミスを犯してしまい、ゲームは相手のものとなってしまった。レーバークーゼンは、そういったミスをうまく利用することができるチームだ。我々の敗戦は5分間で決まってしまったんだよ。シュトゥットガルトに帰ってからは、すぐに次の試合に向けての準備に入る。

<レーバークーゼン、ロガー・シュミット監督>

序盤はシュトゥットガルトが良い動きをしてきたためボールを失うこともあったが、我々はうまく冷静さを保っていた。そして我々に訪れた初めてのチャンスで先制点を決めることができ、その後も勝利に値する戦いをしていた。ハーフタイムでは「重要なことは早い時間帯で3-0にすることだ」と話し合っていたが、選手たちはそれを見事にやってのけた。

この試合の詳細記事へ