ブンデスリーガ2部第25節3日日は3月15日に各地で3試合が行われ、が所属するカールスルーエは首位のインゴルシュタットにアウェーで3-1で勝利した。フル出場した山田は2点目をアシストし、チームの勝利に貢献した。

インゴルシュタット 1-3 カールスルーエ公式記録

一進一退の攻防が続くが、互いに好機をつくれずなかなかフィニッシュの形まで持ち込めない。均衡が破れたのは33分、バレンティーニのCKにゴードンが頭で飛び込んでカールスルーエが先制した。45分には、ヤボとトーレスの連係からペナルティーエリアに侵入し、山田がこぼれ球に詰めるも大きく枠を超える。カールスルーエのリードで折り返すかと思われたロスタイム、CKから失点を許して1-1で前半を終えた。来季ブンデスリーガ昇格を目指す両チームの戦いは、後半に激しさを増すが互いにチャンスを生かしきれない。82分、ハーフウェーラインからの山田のパスに抜け出したヘニングスが一人で持ち込み、カールスルーエが勝ち越しに成功する。さらにロスタイムにヘニングスが追加点を奪ってカールスルーエが4試合ぶりの白星を挙げた。これで首位インゴルシュタットとの勝ち点差は5。カールスルーエの順位は4位のまま変動はないが、2位のダルムシュタット、3位のカイザースラウテルンとの差は2となっており、昇格に向けて大きく前進した。