バイエルンは3月10日、翌日に本拠で行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦、シャフタール・ドネツク(ウクライナ)戦に向けて現地で前日会見を行った。

バイエルンは第1戦、敵地でスコアレスで引き分けており、ベスト8に残るためには勝つことが必須となっている。ジョゼップ・グアルディオラ監督は「勝てると思っている。チームを信頼してる」としながらも、「ドネツクはドイツのリーグだったら優勝争いをするようなチームだと思っている」と警戒する。

同じく前日会見に出席したMFフランク・リベリは、「ホーム戦なので、第1戦とは全く違った戦いとなると思う」とコメントしている。また、DFホルガー・バートシュトゥーバーは、「自信を持って試合に臨むが、油断は大敵」とした上で、「こういう大事な試合に参加できるのは嬉しいこと。特にCLは特別」と試合への意欲を語った。