3月7日、ブンデスリーガ第24節2日目は各地で6試合が開催され、が所属するドルトムントはアウェーでハンブルガーSVと対戦し、0-0の引き分けに終わった。試合後、香川がインタビューに応じている。

――前半、噛み合わないなという感じは?

香川 ありましたね。自分自身も、チームとしても、ミスが多かったです。

――ゆったりと試合に入ってしまった?

香川 うーん・・・ちょっとやっぱり・・・まあ(気持ちが)引き締まってなかったですね。

――中盤でうまくもらって周りにパスを出したかったのでは?

香川 タイミングが合わなかったですし、距離感も悪かったですし、タッチも悪かったんで。難しかったですね。

――調子は問題ない?

香川 全然問題ないです。けがも全くないですし、体調も良いんで。ただ、やっぱりきょうは集中できていなかったなと。試合に入りきれなかったんじゃないかなと思います。

――ロイスやオバメヤンとの関係は向上してるように思うが?

香川 まあスピードある選手ですから活かしてあげたいですけど、自分も活かされる側としてもっと受け手になりたいですし、そのためには自分を出していかなきゃいけないのかなと思います。

この試合の詳細記事へ
第24節2日目の結果一覧へ