これを読めば1週間(2月27日~3月5日)のブンデスリーガのニュースが分かる、関連トピックスを紹介する。

バイエルン・ミュンヘンが設立から115周年を迎えた。当日は第24節でケルンに4-1で勝利し、記念日を勝利で飾った。また、得点ランキングのトップを走るアリエン・ロッベンは、17得点目を決めて自身のシーズンレコードを更新した。(試合記事へ)(詳細記事へ)

とが所属するドルトムントとが所属するシャルケの86回目の対決は、ドルトムントが3-0で快勝した。これで両者の対戦成績はドルトムントが31勝30敗25分で優位に立った。(試合記事へ)(詳細記事へ)

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)3回戦の初日、ドルトムントは3部のドレスデンを2-0で下し、準々決勝進出を決めた。とが所属するケルンフライブルクに1-2で敗れ、3回戦敗退となった。

前日の試合で負傷交代したドルトムントのマーコ・ロイスのけががひざの打撲であることが明らかになった。第24節ハンブルガーSV戦は欠場の可能性が高いが、今季度重なるけがで長期離脱を余儀なくされていただけに、軽傷で済んでことにクラブやファンは安堵の胸をなでおろしている。(詳細記事へ)

DFB杯3回戦の最終日はバイエルン、ウォルフスブルクメンヘングラートバッハは2部以下のチームを相手に順調に勝ち進んだ。しかし、ブレーメンが3部のビーレフェルトに1-3で敗れる番狂わせも起こった