ブンデスリーガ2部第24節初日は3月6日に各地で3試合が行われ、の所属するボーフムは敵地でデュッセルドルフと対戦した。負傷で離脱していた田坂はすでにチーム練習には復帰しているが、ベンチ入りはしなかった。

デュッセルドルフ 2-2 ボーフム公式記録

最初のチャンスはデュッセルドルフ、スルーパスからシュート性のクロスを挙げ、GKが出ているところをフリーでシュートを放ったが、ゴールを大きく超えた。9分、左サイドを突破してパスでつなぐと、最後はゴール中央でシュエスタックが絶妙なトラップから鮮やかなミドルシュート決めて、ボーフムが先制する。しかしその3分後、GKの味方へのパスを簡単に奪われ、すぐさま同点に追いつかれた。24分にはPKを献上してしまい、逆転を許す。流れがデュッセルドルフへと傾きかけていた前半終了間際、ゴール前で相手に囲まれながらもペルテルが横にパスを出し、シュエスタックがこれを押し込んでボーフムが同点に追いついた。2-2で迎えた後半、60分には約25mの位置からペルテルがFKを直接狙うも、相手GKの好セーブに阻まれる。互いに好機をつくり出しながらも追加点を奪うことができず、2-2で引き分けた。