2月21日~26日に起こったブンデスリーガ関連トピックスを5つ、以下に紹介していく。

ドルトムント3連勝、マーティン・シュミット監督が就任したマインツの勝利、得点ランキングにロッベン単独首位など、先週末の結果をおさらい。(詳細記事へ)

けがで長期欠場中のバイエルン・ミュンヘンの主将フィリップ・ラームが2月23日、ボールを使った練習を再開した。(詳細記事へ)

2月24日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)16強戦第1戦、敵地でユベントス(イタリア)と対戦したドルトムントは1-2で敗れた。(詳細記事へ)

ドルトムントのDFルカシュ・ピシュチェクが2月24日、欧州チャンピオンズリーグ、ラウンド16のユベントス(イタリア)戦で負傷し、6週間の離脱が決定した。(詳細記事へ)

ケルン対バイエルンで幕を開けるブンデスリーガ第23節。最大の注目はドルトムント対シャルケのルールダービーだ。(詳細記事へ)