2月21日に行われたブンデスリーガ第22節で、が所属するマインツはとが所属するアイントラハト・フランクフルトとのライン・マインダービーを3-1で勝利した。岡崎は同点弾をアシストし、逆転勝利に貢献した。この試合をデータで振り返る。

  • マーティン・シュミット新監督は、ブンデスリーガ初陣で勝利したマインツ初の監督。トゥヘル元監督とヒュルマンド前監督の初戦は引き分けに終わり、現ドルトムントのクロップ監督は黒星スタートだった

  • シュミット新監督はスイス出身6人目のブンデスリーガ監督として初めて、初戦を勝利で飾った(これまでは3人が敗戦、2人が引き分け)

  • 今季のブンデスリーガではシーズン途中にマインツを含めて6チームの監督が交代しており、ブレーメン、シャルケ、シュトゥットガルト、ヘルタは新監督就任後に白星を挙げている。ハンブルクのみが(対バイエルンに)引き分け

  • マインツは今季、初めての逆転勝利。ここまで先制された試合の成績は7敗4分だった

  • 岡崎とフランクフルトのFWハリス・セフェロビッチは、後半戦で初アシストをマーク。前半戦で岡崎は8得点1アシスト、セフェロビッチは7得点3アシストを決めている

  • 今冬、シャルケから移籍したMFクリスティアン・クレメンスがマインツで初ゴール。ケルンに所属していた2010/11シーズンにもフランクフルトから得点を奪っている

  • マインツのMFヨハネス・ガイスがFKから直接ゴールを決めたのは今季2回目(今節はCKから)

  • マインツのMFユヌス・マリは後半戦5試合で4ゴール。前半戦は無得点だった

  • フランクフルトのDFカルロス・サンブラーノは、ブンデスリーガ105試合目にして初の退場となった(警告2枚)