が所属するシャルケのDFジョエル・マティプが2月21日、筋肉のけがにより次節のドルトムント戦(28日)を欠場することが分かった。マティプは同日のブンデスリーガ第22節、ブレーメン戦に先発して73分に負傷交代していた。スポーツ・広報担当取締役のホースト・ヘルト氏は「筋肉に関係するけがのようだ。安心できるような状態ではない」と話している。シャルケはこの試合、内田をはじめ、けがや出場停止によって10人の選手を欠いていた。