が所属するマインツは、ブンデスリーガ第22節でとが所属するアイントラハト・フランクフルトに3-1で勝利を収め、マーティン・シュミット監督の初陣を勝利で飾った。両チーム監督の試合後のコメントを紹介する。

マーティン・シュミット監督(マインツ) 特別な週を有終の美で飾ることができてうれしい。我々がやりたかったことを皆さんにお見せすることができた。早い段階で結果が出たことは勇気につながる。私は“奇跡を起こす治療師”ではない。ただ、いくつかの点で感覚が研ぎすまされていた。まだまだやるべき多くの仕事がある。残留することが唯一の目標だ。

トーマス・シャーフ監督(フランクフルト) きょうのような試合は今季、珍しい。実際、我々は多くの点でうまくやっていた。しかし、先制を生かせず、追いつくこともできなかった。足踏みをしてしまい、腹立たしい。

この試合の詳細記事へ
第22節2日目結果一覧へ