2月19日、UEFA欧州リーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第1節が欧州各地で行われ、ウォルフスブルクはスポルティング・リスボン(ポルトガル)を本拠に迎え、2-0で下した。また、メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)は敵地でセビージャ(スペイン)と対戦し、0-1で敗れた。第2節は26日に行われる。

ウォルフスブルク 2-0 スポルティング・リスボン公式記録

ウォルフスブルクは前半から勢いよく攻め込む。相手にチャンスを与える場面もあったが、0-0のままハーフタイムへ突入。46分、ドストが先制点を決めると好機が続く。63分、再びドストが追加点を奪って2-0とする。この後も好機を演出するがなかなか得点に繋がらない。最後は相手を圧倒したものの、追加点が奪えないまま2-0で試合終了となった。

セビージャ 1-0 ボルシアMG公式記録

前半序盤は激しい攻防戦となる。ボルシアMGは特に守備に力を入れ、チャンスを狙ってカウンターで攻める。好機を演出するも点を決めきれない。相手に大きなチャンスをほとんど与えず試合をコントロールしていたが、70分に中央から得点を許す。なんとか同点にしたいが相手の堅い守備を破ることができないまま、0-1で敗れた。