ユーザーの方々の疑問に記事内で答えていく「ブンデスリーガQ&A」、第4回のテーマは、ドイツで開催されているブンデスリーガ以外の大会についてです。

ドイツサッカー連盟杯

(1)呼称

ドイツサッカー連盟(DFB)が管轄する大会であるため、「DFBポカール」、または単純に「ポカール」と略される(※ポカール=杯、カップ)。日本メディアの間では、「ドイツ杯」、「ドイツ・カップ」と呼ばれることも。

(2)大会方式

ブンデスリーガ1部18クラブ、同2部18クラブ、同3部の前シーズン1~4位までには自動的に、そして各州サッカー協会が運営する予選を勝ち抜いた24のアマチュアクラブにも参加権利が与えられる。本戦は計64チームによる一発勝負のノックアウト方式。90分間で決着がつかなければ、前後半15分ずつの延長戦が行われ、それでも決着がつかない場合はPK戦になる。

(3)抽選

1回戦では64クラブを2つのポッドに分ける。片方はブンデスリーガ1部18クラブ+同2部で前シーズン1~14位まで。もう片方のポッドには残りの32クラブが入れられる。2回戦に勝ち進んだ32クラブも同様に、片方には上位リーグ、もう片方には下位及びアマチュアリーグという2つのポッドに分けられ抽選。1回戦と2回戦は、下位リーグのポッドに振り分けられたクラブにホーム開催権が自動的に与えられる。3回戦(ベスト16)以降になるとポッド分けはされず、ホーム開催の権利もくじ引きの順番通りとなるが、仮にブンデスリーガ1~3部のクラブ対アマチュアクラブの対決になった場合は、後者にホーム開催権が与えられる。

(4)歴史

初めて開催されたのは1934/35シーズン。決勝はデュッセルドルフのライン・シュターディオンで行われ、シャルケに2-0で勝利したニュルンベルクが初代王者に輝いた。しかし第2次世界大戦の影響で1942/43シーズンを最後にDFB杯は中断。10年後の1952/53シーズンから再び開催されるようになった。決勝の開催地は、第1回大会から毎年場所が変わっていたが、1984/85シーズン以降はベルリンのオリンピア・シュターディオンで行われている。

(5)歴代優勝クラブ(カッコ内は決勝進出回数)

1位:バイエルン・ミュンヘン 17回(20)
2位:ブレーメン 6回(10)
3位:シャルケ 5回(12)
4位:アイントラハト・フランクフルト 4回(6)
ニュルンベルク 4回(6)
ケルン 4回(10)
7位:ハンブルガーSV 3回(6)
メンヘングラートバッハ(ボルシアMG) 3回(5)
シュトゥットガルト 3回(6)
ドルトムント 3回(6)
11位:ドレスナーSC 2回(2)
デュッセルドルフ 2回(7)
カイザースラウテルン 2回(7)
カールスルーエ 2回(4)
1860ミュンヘン 2回(2)

(6)優勝クラブに与えられる権利

1つ目は欧州リーグ(EL)への出場権。またこれまで、優勝クラブが欧州チャンピオンズリーグ(CL)への切符を得ている場合は、準優勝クラブに同プレーオフへの出場権が与えられていた。しかし来季からは準優勝クラブへの権利は一切なくなり、上述の条件の場合にはブンデスリーガ7位のクラブにEL予選3回戦の出場権が付与されることとなった。そして2つ目は、ブンデスリーガ覇者と対戦するドイツ・スーパーカップへの出場権。ドイツ・スーパーカップについては後述していく。

ドイツ・スーパーカップ

(1)大会方式

管轄は、ブンデスリーガを運営するドイツ・サッカーリーグ社(DFL)。ブンデスリーガ新シーズン開幕の約1~2週間前に開催され、前年のリーグ王者とDFB杯王者が激突する。仮に、あるクラブが2冠を達成した場合は、前年の2冠王者対リーグ2位クラブの対戦となる。また、90分間で決着がつかなかった場合、延長戦は行われず、そのままPK戦へ突入する。

(2)歴史

第1回大会は1987年。バイエルン対ハンブルクの対戦は前者が2-1で勝利し、初代王者に。その後1996年まで毎年開催されていたが、1997~2009年までは行われなかった。2010年に同カップが復活し、現在まで続いている。

(3)歴代優勝クラブ(カッコ内は優勝年)

1位:ドルトムント 5回(1989、1995、1996、2013、2014)
2位:バイエルン 4回(1987、1990、2010、2012)
3位:ブレーメン 3回(1988、1993、1994)
4位:カイザースラウテルン 1回(1991)
シャルケ 1回(2011)
シュトゥットガルト 1回(1992)
ウォルフスブルク 1回(2015)

ブンデスリーガQ&A 過去の記事一覧へ