2月21日のブンデスリーガ2部第22節で、のカールスルーエは本拠でのボーフムと対戦し、無得点で引き分けた。山田の試合後のコメントを以下に紹介。

――引き分けに終わったが。

山田 勝たなきゃダメですね。向こうもだけど、チャンスもたくさんあったし。この間(1-0で勝った前節ハイデンハイム戦)は拾えた感じで勝てたから、きょうもあれで決められていないのは、運という部分では悪くないと思うんですけど。

――ちょっと勝ち切れない感じがだったけれど、雰囲気的には悪くないのでは。

山田 悪くないですねえ。チャンスを作れてるっていうのは悪いことじゃないから。あとは決めるだけっていうところですね。

――全体の完成度は上がっているように見える。

山田 まあ悪くはないですね。これまでは連戦でちょっと疲れたときにハードワークができなくなって。やっぱりウチは攻撃も守備も走らないとダメな戦術だから、そういう意味では(今後は)ずっと週1で連戦はないので、しっかり1試合1試合戦えるコンディションを整えて。まあ、(自分自身も)調子悪くはないですね。トップ下になって、きょうはマンツーで(マークに)付かれちゃったから、サイドのほうが動けるんじゃないかって言って、後半からサイドにいったけど。かなりトップ下もやりやすくて、すごく面白いし楽しいですけど。まだ(ことしの)3試合で点を取ってないから、そこはやっぱり意識してやりたいですね。やっぱり点を取るっていうのは一つの仕事なので、チャンスメークだけじゃなくて。自分でしっかり決めに行けるように。

カールスルーエ対ボーフムの試合記事へ