岡崎慎司が所属するマインツは2月17日、カスパー・ヒュルマンド監督を解任したと発表した。後任は、これまで同クラブのU23チームで指揮を執っていたマーティン・シュミット氏に決まっている。

マインツは直近13試合でわずか1勝と調子を落としており、自動降格圏との勝ち点差は1まで縮まった。スポーツディレクターのクリスティアン・ハイデル氏は「残留を果たすために必要なことは何かと考えたときに、監督の交代だという結論に至った。このような状況では、戦術上の規律だけではなく、熱意や闘争心、首尾一貫した態度をチームが示し、クラブとファンを一つにしなければならない」と監督交代の理由を説明している。

シュミット新監督はスイス人で、2010年からマインツのU23チームを担当、昨夏には3部リーグ昇格を実現した。17日からトップチームの練習を指揮する。「ブンデスリーガのチームを率いることができるのは、自分にとって大きな前進を意味する。トップチームやコーチ陣のことはよく知っており、準備はできているので、一からのスタートになるとは思っていない」と意気込みを語っている。