2月13日に行われたブンデスリーガ第21節で、とが所属するドルトムントは本拠にのマインツを迎えた。試合後、香川と岡崎の両選手がインタビューに答えた。

香川真司

――試合を振り返って。

香川 久し振りに勢いが出た試合だったし、やってても勝てる雰囲気、強い時の雰囲気っていうんですかね、そういう雰囲気だったので。ホントにホームで勝てたことは良かったです。

――狭い中に入っていくことはできたのでは。

香川 そうですね、調子は悪くないですし、感覚はいいと思ってるんで。ここ1週間、練習ができなかったことが2、3日あったので、そこの不安はちょっとあった分、なかなかきょうは・・・90分通して、体力的にきつかった部分があったので。しっかりとケアして次に備えていきたいと思います。

――ゴール前に入っていけるようになったのは以前と違う?

香川 感覚としては以前とは明らかに違う感覚がありますけど。後半戦に入ってからはすごく状態が上がっていると思っているので。自信を持ってプレーできていますし、練習も集中してやれているので。またこの前の試合に勝ったことがチームとして自信をつけさせてくれていると思っているので。この感覚だったり、勢いをもっと持続させて、さらに伸ばしていきたいです。

――これまでならば早い時間帯に相手に先制を許すと、嫌なムードがチームに漂っていた。

香川 だれもがホームでああいう失点をしたことで『またか』と。僕も『なかなか厳しいなぁ』という感じも一瞬受けましたけど、ただ、チームのそれに対するリアクションは悪くなかったですし、後半にセットプレーから点が取れたことはすごく大きかったので。それが今のチーム状況でもあると思いますし。取りきれたことは、いまの勢いを象徴しているのかなと思います。みんな、自信とかそういうところがついてくると思います。

――チームが連勝したこの2試合で先発としてプレーしているというのは大きい?

香川 まあ、自分が試合に出たとしたらチームが勝つことが一番大事ですし。(個人的な)結果は必ずついてくると思っているので。もちろん、きょうも残せなかったと言えば残せなかったですけど。ただ、フィーリングであったり、チームが勝てたことはすごくポジティブなことだと思っているので。これを続けていけば、必ず結果が出てくると思っているので、焦りはないです。


岡崎慎司

――きょうの試合はどうだった?

岡崎 まあ、2-2までは良かったんじゃないかと。チームとして、うまく前半の立ち上がりに点が入って、そのまま前半終えたんで。CKでやられたのはしょうがないと思うし。そこから1-2にされてまた2-2にできたのは収穫だと思うんですけど。やっぱりそこからすぐに点を入れられるのは、今のチームを表してるのかなと。

――個人的にはシュートはなかった。

岡崎 今シーズンはどっちかというと、すごく相手にも研究されてるし、チーム的にも、どっちかというと自分中心ていうより、チームでつないでとかなので前半戦もそうでしたけど、点が取れないときはやっぱりこういう風に続くし。なかなかチャンスがないのは仕方がないことなのかなと。そんな中で、自分にできることをやらなきゃいけないと思うし。たった1回のチャンスを、どこかで自分自身で作り出すことが、今自分に必要なことなのかなあと思います。チームにとって自分が必要な存在にならないといけないんで。そういう意味では、めっちゃ正念場に来ているのかなあって。自分自身がもう1回こう・・・何も考えずにやることが大事なのかなと思います。

ドルトムント対マインツの試合記事へ