2月8日のブンデスリーガ第20節でとが所属するアイントラハト・フランクフルトは、敵地アウクスブルク戦に引き分け。試合後、両選手がインタビューに答えた。

長谷部誠

――追いついて2-2は悪くない?

長谷部 まあ2点先制されてから追いついたというのは悪くはないですけど、まあ失点の仕方が、両方セットプレーなので。きょうの出来から言えば、立ち上がりからもう少ししっかり入れれば、勝ち点3とれた試合かなとは思います。

――立ち上がりしっかり入れなかった理由というのはどこにある?

長谷部 選手間の距離が遠かったというのもありますし,
全体的にセカンドボールも拾えなかったし、ミスも多かったし、特に前半は。自分たちは前からプレッシャーにいっているので、そういうところでセカンドボール拾えない、戦えないと、やはり相手に押されて厳しくなると思います。

――次のシャルケ戦に向けて。

長谷部 まあシャルケも試合見てますけど、いいわけじゃないけどその中でも勝ってる勝負強いチームなので、そういう意味で言えばやはり難しい試合には変わりないし、ホームだしそろそろ勝ちが欲しいですね。


乾貴士

――よく追いついたなという感じ?

じゃないですか、はい。

――交代は残念だったけど・・・

ま、仕方ないですね。ミスも多かったし。よくなかったので。自分が悪いので仕方ないです。

――直前のFKは。

まあ、得点につながったのはいいですけど、FKで評価されるのを求めてるわけじゃないので。前半、それで1点返せたってことはうれしいですけど、自分自身のプレーとして納得できるものじゃないので。

――次に切り替えてというか。

まあそうですね。ま、次もシャルケがかなり強いので。ま、ホームですし。勝ちたいなって感じです。

第20節最終日結果一覧へ
第20節ゲーム写真へ