2月7日のブンデスリーガ第20節で、のマインツは本拠に とのヘルタ・ベルリンを迎え、0-2で敗れた。試合後、日本人3選手がインタビューに応じた。

岡崎慎司

――きょうの試合はどうだった?

岡崎 相手も完全に引いてやる感じで、我慢する必要は自分たちにあったと思うし、ああいう形で失点したら結構痛いなという感じでしたね。チーム自体もあれだけ固められてるからなかなか崩せなかったと思うし。ただ、最初にFKとか連続で取れていいチャンスもあって、自分たちのリズムで(試合に)入ったんで、ああいうミス(GKカリウスの一発退場になったファウル)は致命的かなって感じがしますね。後半は自分たちの方が押してたと思うし。

――もっとフラストレーションたまってるのかなと思ってたが、意外とサバサバしている?

岡崎 まあ・・・これもサッカーかなって最近は思ってきたんで、はい。別にうまくいくときもあれば、うまくいかないときもあると思うし、それで一喜一憂する必要はないというか。

――前節の欠場の原因となったけがの状態は?

岡崎 もう全然大丈夫です。まったく(問題ない)。あれ(前節ハノーファー戦)で休んでから完全に治ったので。きょうも気持ち的にはすごく乗っていた。やっぱり、きょうはキーパーの退場が大きかったかなと思います。ただ、今までも(GKの)ロリスはいっぱいシュートを止めくれていたので、きょうはしょうがないかなと。そういうところで一発決めるのがFWなので。そこだけ反省しないといけないと思います。マインツとしては残留しないといけないし、もっと上に行けるチームだと思うので。

――2部降格に対する恐れはある?

岡崎 もちろん勝ち点がみんな近いんで、考えてますよ。不安はあるかもしれないけど、チームとして別にネガティブな方向に行ってないんで、みんなで声出してやっていけばその不安は消せると思います。


細貝萌

――最初で結果が出て良かったという感じ?

細貝 そうですね。最初でっていうか、とにかく結果が出てよかったなと思ってます。

――監督交代から少ないこの期間でどうしようという・・・

細貝 監督からも、戦術は今後やっていくっていう話がありましたし、まずは球際だったり、自分のプレーに集中してほしいっていう話はありました。

――個人的にはスタメンじゃないと分かって、どういう風に準備を。

細貝 ちょっと疲れがあるって話をされたりしましたけど、自分より疲れてる選手ってのはもっとたくさんいるだろうし。でも自分自身コンディションが悪いわけではないので、出れてないっていうのは、そのチームの監督が決めることなんで。その与えられた仕事をしっかりやることを考えてプレーできたらいいかなって思います。

――淡々とやって順位を上げていくしかない?

細貝 そうですね、まあ今は順位が順位だし、はっきり言って厳しい状況にはいますけど。まあどうにか、少しでも順位を上げていけるように、チームの一員としてベストを尽くしていきたいなと思います。


原口元気

――きょうはピッチ外から試合を観ている感じだったが、監督交代後に変化は?

原口 結果が出たのは良かったとは思いますけど・・・。

――この2日間はチームの周囲も落ち着かなかったと思うが、どのように準備してきた?

原口 まあ、バタバタしてましたけど。僕自身のコンディションは良いと思っているし、水曜日もうまく動けていたなあとは思っているので、体のことだけ気にして準備はしてました。

――またゼロからのスタートで、競争が激しくなる?

原口 そうですね。監督が替わって2日、3日で、僕なんか何も見せてない感じだったので。来週また1週間練習できるので、そこでまた自分の実力を見せていきたいと思います。

第20節2日目試合結果一覧へ
フライブルク対ドルトムントの試合記事へ
フライブルク対ドルトムント試合後コメント集へ