2月4日、ブンデスリーガ第19節でが所属するドルトムントアウクスブルクと本拠で対戦し、0-1で敗れた。72分から途中出場した香川は試合後、インタビューに答えている。

――何を意識して試合に入った?

香川 点を取ることだけですね。

――トラップなどではボールが足についていた。状態は良さそうにも見える。

香川 もちろん修正すべきところはありますけど、コンディションはすごく良いです。(チームは)負けていますし、こういう状況ですけど、でも手ごたえは感じていて、良くなっていくだろうというのがすごくあるので。だから次の試合に向けて切り替えて・・・中2日なので次に切り替えたいです。

――ベンチから試合をどう見ていた?

香川 前半のうちに先制点を取りたかったですけど、でも、それもなかなか難しいのかなと思いながら・・・相手も良かったですし。ただ、前半にチャンスはあったので、そこで決めきれないと、ああいう流れになっちゃうのかなと思います。でも次に向けてやっていきます。

――試合後、ホームであれほどブーイングを受ける経験は初めてでは?

香川 今季はある意味初めてのことばっかりだったと思いますから。サポーターはこれまで耐えてくれていたので、今日の(ブーイング)は必然的なものだと思います。でもこの状況を打開できるかは自分たち次第なので、しっかりと準備したいと思っています。


ドルトムント対アウクスブルクの試合記事へ
第19節2日目その他の試合結果一覧へ
ヘルタMF細貝&原口インタビューへ