ブンデスリーガ2部3日目は2月8日に各地で3試合が行われ、のカールスルーエは本拠でデュッセルドルフと対戦し、数的優位を生かせずに勝ち点を分けた。山田はトップ下で先発し、85分に交代した。

カールスルーエ 1-1 デュッセルドルフ公式記録

カールスルーエは今冬唯一の新加入選手MFサライが先発入りした以外は、前半戦と変わらない顔ぶれで高いチーム力を発揮。1対1でも強さを見せ、ボールを支配し序盤からゲームをコントロールする。好機を作りながらもなかなかゴールは生まれないが、39分に相手CBターがこの試合2枚目のイエローで退場となり、数的優位に立つ。55分、山田が倒されて獲得したPKをヘニングスがきっちり決めて先制に成功する。しかし5分後にはFKから得点を許し、試合は振り出しに戻る。65分に山田が放ったシュートはわずかにポスト左へ外れ、攻めながらも1人少ない相手から追加点を奪うことができない。最後まで勝ち越し弾は生まれず、引き分けに終わった。